バイオリン体験会

 


 

バイオリン体験会とは

6週間レッスンの内容を先取り受講できる体験会です。「レッスンに参加したいけど、実際にできるか不安・・・」と思う親子のための、検討機会です。
 

新型コロナ対策

 
新型コロナ対策として、体験会への参加はレッスン受講を検討する親子に限定しています。バイオリン体験のみをご希望の場合は、他の機会をご利用ください。
 
会場の制約に加えて入室人数を最小限にするため、乳幼児含めた追加の同伴者の入場をお断りしています。乳幼児等の同伴の必要がある場合は、他の機会をご利用ください。
 
保健所等からの要請があった場合に備え、参加者の名簿(氏名・住所・電話・メール)を作成します。その他新型コロナ対策関連条件をすべてご承諾ください。
 

 
 

体験会の内容

体験会では、主に最初の持ち方を練習します。体験会の1回だけでは持ち方を覚えることはできませんが、事前に体験しておくと、家でどんな練習を必要とするのかが分かります。
 

体験会の例・持ち方を練習
(※画像は、新型コロナ流行前の実施内容です)


 
加えて、高学年生でも持ち方の習得には大人(保護者)のサポートが欠かせません。大人(保護者)が「家での練習で、大人は何をすべきか」を体験する機会でもあります。
 

体験会の例・肩当てのつけ方を写真で記録
(※画像は、新型コロナ流行前の実施内容です)

 
 

楽器の持ち帰り

6週間レッスン申込済みの場合、または体験会の会場でレッスンの申込みをした場合は、体験会終了後にバイオリン一式を持ち帰れます。体験会で習ったことを帰ってすぐ復習できるので、そのぶん上達が早くなります。
 
 

参加申込は前日まで

身体の大きさによって楽器サイズが異なります。事前に準備を要するため、体験会の参加申込は前日で受付終了します。満席により参加をお受けできないこともありますので、ご希望の方はお早めにお申込みください。
 
 

体験会に参加しなくてもOK

体験会の参加は、レッスン受講の必須条件ではありません。体験会に参加せずレッスンを受講する親子には、臨時の持ち方講習(オンライン)をご案内しますので、持ち方講習に参加することで体験会参加者と同じ条件でレッスンを開始できます。
 

体験会の例・バイオリン本体と弓を構えた状態
(※画像は、新型コロナ流行前の実施内容です)