Q&A よくある質問集

Q. 6週間でバイオリンを弾けるようになるのですか?

はい、弾けるようになります。ただし練習を毎日すれば、です。6週間のうちレッスンの回数は6回。6回のレッスンを受けるだけでなく、次回のレッスンまで自宅で練習を続けることで、6週間という短期間でも弾けるようになります。練習は、週末にまとめて1時間ではなく、1日10分でも毎日続けてください。

 

Q. 楽譜を読めませんが、バイオリンを弾けますか?

当レッスンでは基本的に楽譜を使わず指導します。楽譜を読める・読めない、音楽の授業が得意・不得意は関係ありません。大切なのは「バイオリン弾きたい」という熱意。ピアノ経験があるなど音楽が得意な場合には、楽譜を使ったり少し進んだ内容を指導することがあります。

 

Q. 家での練習はどれくらい必要ですか?

自宅では1日10分の練習が目安ですが、10分練習したら終えて良いという意味ではありません。得意・不得意は個人差があるので、5分の練習でできるようになる人もいれば、30分練習が必要な人もいます。毎回練習のたびに目標を決めて、それをこなすのに結果として10分だった、20分だった、という具合にばらつきがあります。

「毎日10分だけ」と時間を決めると、10分続けることが目的になり、何に重点を置いて練習するべきかを考えなくなってしまいます。最初から30分、1時間と無理をする必要はありませんが、「10分」は目安として、自分の課題を考えてみましょう。

 

Q. ピアノを習っていますが、両立は難しいですか?

これまでも、5歳から小学6年生までのピアノを習っているお子様がピアノとバイオリンを両立させて短期レッスンに参加しています。バイオリンは期間が決まっているため、短期集中で取り組めます。「練習は大変だったけど、バイオリンやってよかった!」とみな笑顔で発表会に臨みました。ピアノの練習に以前より集中するようになった、ピアノの表現の幅が広がったなど、ピアノ教室からも高評の声をいただいています。

 

 

Q. レッスン参加の条件はありますか?

レッスンに申込できるのは対象地域の小学4~6年生です。参加にあたって、いくつか守っていただく条件があります。レッスン参加の諸条件は申込ページをご参照ください。

 

Q. レッスンは親も参加しないとダメですか?

バイオリンを弾く前に、最初に楽器の扱い方、演奏の準備、演奏の練習など、バイオリンを習う際に必要な基礎知識を身につけます。ご家庭で楽器を安全に扱うために保護者が知っておくべき内容となります。また、家での練習には保護者の協力が欠かせません。入門者のうちはすぐに姿勢が崩れて正しい音を出せなくなるため、少なくとも姿勢が安定するまでは親と二人三脚で練習する必要があります。これらの理由から保護者のレッスン参加を必須としています。

 

Q. スマホだけでオンライン受講ができますか?

インターネット接続環境があれば、スマートフォンだけでも受講は可能です。ただし画面が小さく動きが分かりにくいのと、目線の高さにスマホを設置しないと弾きにくくなってしまいます。そのため、譜面台にスマホを置いて、専用ケーブルでテレビに投影することをお勧めしています。譜面台は背面がボード状のものが、スマホが落ちにくくてお勧めです。スマホ画面をテレビに投影する際に必要なケーブルは機種によって異なりますので、こちら(外部ページ)をご参照ください。

 

Q. 年下の兄弟姉妹が家でバイオリンを触ってもいいですか?

少々厳しいと思われるかもしれませんが、レッスン受講者とレッスンに参加する保護者以外の家族が貸与楽器に触ることを禁止しています。心に油断が生じたときに楽器の落下等の事故が起きやすくなるため、最後まで安全に貸与楽器を使うためのルールとして定めています。

 

 

Q. 万一、楽器を壊してしまったらどうなるのですか?

楽器の破損・汚損・紛失等により従前と同じ使い方が出来なくなった場合は、3万5千円を上限として保護者に補償していただきます。初回のレッスンで、楽器の扱い方を学びます。扱い方の指示を守っていれば壊すことはほとんどありませんが、楽器の扱い・保管に自信がない場合は受講をお控えください。

 

Q. レッスンを欠席したら、振替できますか?

レッスンを欠席した場合の振替はありません。突発的な事情で欠席せざるを得ない場合、ご希望があれば有料となりますが振替レッスンを設定します。

 

Q. 体験会に参加しないとレッスンには申込めませんか?

バイオリンは大人が想像する以上に難しい楽器です。とても興味のあったお子様でも、実際にバイオリンを触ってみると、思い通りにならないもどかしさで興味を失うこともあります。一方で、最初の体験で「バイオリン弾けるようになりたい!」と奮起するお子様もいます。「こんなはずじゃなかった」というミスマッチを起こさないためにも、ぜひ体験会をお試しください。定員を超えるレッスン参加希望があった場合は、体験会の参加者を優先しています。

 

 

第1期・練習開始から約3週間

 

その他の質問は・・・

メール、またはLINEで質問にお答えしています。

 

友だち追加