スマホで快適に受講するコツ

家庭でできる、オンライン環境のアップグレード

小型でも鮮明な画像で高速通信できるスマートフォンは、ぜひレッスンにも使いたい。ネットショッピングや100均で購入できるアイテムで、快適なレッスン環境が整います。
 
 

テレビの大画面を利用する

スマートフォンとインターネット接続さえあれば、オンラインの受講はどこでも可能です。最近のスマートフォンは画面も鮮明で、廉価モデルでもネットのライブ放送を視聴するのに十分なスペックを備えています。とはいえ、スマートフォンの画面は小さいので、楽器を構えた状態では少々見えにくいかもしれません。その場合は、テレビにつないでテレビ画面に映し出すことをお勧めしています。
 
 

スマホの映像をテレビの画面で

 
 
スマホよりずっと大きなテレビ画面なら少し離れた場所でもはっきり見ることができます。専門知識は必要ありません。テレビ用のHDMIケーブルとスマホ用のコネクタがあれば、これらでテレビとスマホをつなぐだけ。いずれもAmazonなどネットショッピングや家電量販店で1000円程度から売られています。機器によってケーブル類の種類が異なるので、こちらのページ(外部サイト)で詳細をご覧ください。
 
 

HDMIケーブル(奥)とスマホ用コネクタ(前)

 
 

スマホは目線の高さに設置

左手の手先、右手の動き方など、講師は細かいところをチェックしています。壁に立てかけるだけだと角度や距離の調節ができず、画面から見切れてしまうことがあり、これでは講師は適切に指導できません。講師側にも確実に手元が見えるようにするには、スマホは目線の高さに設置しましょう。
 
このとき、あると便利なのが譜面台やカメラの三脚です。
 
譜面台を使うなら背面がボード状のものだとスマホが落ちないのでお勧めです。三脚を使うなら、スマホを固定するヘッド部分は自撮り棒から流用すると便利。少しの工夫で快適なレッスン環境が整いますので、試してみてください。
 
 

三脚に、自撮り棒のヘッドを取り付けて使用